ベトナム就職で採用されるには日本での社会人経験も重要

vietnum32
ベトナムでの就職・転職先を探すにあたっては、今まで学校でどのようなことを勉強してきたのか、さらには転職をする場合に以前の仕事先ではどのような技術を活かした仕事をしてきたのか、何か資格は取得しているのか、専門的な知識を持っているのかどうか、ということも非常に大切なポイントになります。

何をするにしても今まで全く経験がないことを新たに始めるとなれば、きちんとこなせるようになるためにはそれなりの時間やお金などがかかってきます。

新たにベトナムで初めて行くよりも、とにかく今まで積み上げてきた経験を活かして、それをさらに伸ばしていくことを考えていた方が間違いないでしょう。

近年ではベトナムでもたくさんの日本で成功させたビジネスモデルをそのまま現地に持ってきている方も増えてきています。

日本人だから日本料理ができる、そのため日本料理屋さんを開く、という仕事のビジネスは通じなくなってきているのです。

IT関係の仕事だったり、会計関連、機械メーカー、工場の仕事などどのようなことであっても日本である程度社会人経験を積んでいることがベトナムでの就職・転職につながります。

仕事のスキルに関することだけではなく、ビジネスマナーなども身についているだろうということが、採用の一つの判断材料にもなるのです。

どのような仕事であってもだいたい3年程度から5年程度の社会人経験を積んでからベトナムに来た方がスムーズに物事が進むはずです。

ベトナムで就職・生活するメリットとデメリット

東南アジア諸国のうちの1つであるベトナムですが、実際に仕事の都合などで生活することになった場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

■第1のメリットとして、新日国であることが挙げられます。

特に日本のアニメやオタク文化に関する関心が高いこともあり、こうした日本のアニメ等のイベントが開かれた際には大盛況となります。

■第2のメリットとして物価が安いことが挙げられます。
東南アジア諸国に共通するメリットとも言えますが、やはりこの地域の物価の安さは魅力的です。

日本では考えられない金額で、日常生活を送ることが可能です。

■第3に、経済成長が著しいスピードで進んでいることが挙げられます。
ベトナムで就職することで、急速に成長を続けるベトナム経済の息吹を体感することができます。
かつて日本に起こった経済成長に乗った世代は多くの富を手に入れる事が出来ました。
それと同じ経験をベトナムで、という事はこれからの若い世代にとってのメリットに他なりません。

いますぐベトナムの求人を探し就職活動をするなら ベトナム求人のサイトをご確認下さい。

逆にデメリットも存在すると考えられます。

■第1のデメリットとして、給与水準の低さが挙げられます。
日本で就職した際と比較すれば、その差は歴然としており、日本と比較してしまいがちであれば、モチベーションを保つことが困難になるときもありそうです。

■第2のデメリットとして、空気の汚さがあります。
ベトナムでは、多くの人々が移動の際にバイクを使用しており、バイクが引き起こす渋滞の凄まじさは有名です。

そのため都市部の空気が汚い状況となっています。

■第3に、日本と比較すれば治安が悪いことが挙げられます。
しかし日本ほど治安のよい国も珍しいので、仕方のない部分もありそうです。

このようにベトナムで就職・生活するにあたっては、当然良い点悪い点がありますが、これはどの国に関しても同じことと言えそうです。
日本人にもよく知られているアオザイやフォーなど、実際に現地で生活することで、ベトナムの文化を感じ、新たな良い面を見つけることができるのではないでしょうか。